スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VS2008でOpenjtalk

とりあえずOpenjtalkをVisualStudio2008で実行までできたので、メモっとく。

1.Openjtalkをダウンロードする。
   hts_engine_APIのサイトからhts_engine_API-1.04
    http://hts-engine.sourceforge.net/

   Openjtalkのサイトからopen_jtalk-1.02
             open_jtalk_dic_shift_jis-1.02
             hts_voice_nitech_jp_atr503_m001-1.02
    http://open-jtalk.sourceforge.net/

2.ダウンロードをしたものを一つのフォルダ(例:OpenJTalk)に入れてすべて解凍する。

3.VS2008のコマンドプロンプトを起動して、ビルドする。
   コマンドは、
   call "%VS90COMNTOOLS%\vsvars32.bat"
   cd hts_engine_API-1.02
   nmake /f Makefile.mak
   nmake /f Makefile.mak install
   cd ..
   cd open_jtalk-1.01
   nmake /f Makefile.mak

   初めのcallで環境設定してからMakefileに移ってる。

4.open_jtalk-1.02/bin/open_jtalk.exeを上のフォルダ(例:OpenJTalk)にコピーする。

5.実行用のバッチファイルを作る。
   バッチファイルはテキストファイルに、
    @echo off
    set VOICE=hts_voice_nitech_jp_atr503_m001-1.02
    open_jtalk ^
    -td %VOICE%/tree-dur.inf ^
    -tf %VOICE%/tree-lf0.inf ^
    -tm %VOICE%/tree-mgc.inf ^
    -md %VOICE%/dur.pdf ^
    -mf %VOICE%/lf0.pdf ^
    -mm %VOICE%/mgc.pdf ^
    -df %VOICE%/lf0.win1 ^
    -df %VOICE%/lf0.win2 ^
    -df %VOICE%/lf0.win3 ^
    -dm %VOICE%/mgc.win1 ^
    -dm %VOICE%/mgc.win2 ^
    -dm %VOICE%/mgc.win3 ^
    -ef %VOICE%/tree-gv-lf0.inf ^
    -em %VOICE%/tree-gv-mgc.inf ^
    -cf %VOICE%/gv-lf0.pdf ^
    -cm %VOICE%/gv-mgc.pdf ^
    -k %VOICE%/gv-switch.inf ^
    -x open_jtalk_dic_shift_jis-1.02 ^
    -ow _hoge.wav ^
    -ot _log.txt ^
    test.txt

   と入力、保存して拡張子を.batにすればできる。

6.バッチファイル最後のtest.txtは実際に喋らせる内容なので、test.txtを作って文を書いとく。
  例:ああ、やっとできたような気がします。まあ、なんにしてもとりあえずは動くようになりました。

7.作ったバッチファイルとtest.txtを上のフォルダ(例:OpenJTalk)に保存してバッチファイルを実行すると、喋ってWAVとlogができる。


参考:http://neu101.seesaa.net/archives/201002-1.html
スポンサーサイト

とりあえず

とりあえずこれからやってみたいこと。

プログラミング 
  C言語
  C++言語
  C#言語
  画像処理
  音声認識
  音声合成
  3DCG
  Kinect
  HMD
  シリアル通信
  MMD
  PSP

ロボット
  制作
  制御プログラム

情報処理

英語
  TOEIC

イラスト

運動

学校の勉強

(動画制作)
(音楽制作)
(マネジメント)
検索フォーム
Twitter
@akihiro01051のツイート
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。