スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cygwinの使い方

CygwinはwindowsでできるUNIX系コンパイラです。

ダウンロードはCygwinのホームページからできる。
http://cygwin.com/
上記のサイトのsetup.exeをクリックしてダウンロードする。
setup.exeはCygwinのインストーラなので、これを使ってCygwinをインストールします。

ダウンロードできたらsetup.exeを起動してインストールをします。
次へ(N)を押してCygwinをダウンロードをするサイトを選択します。
正直どこでもいいです。
選択するとCygwinの中身を選択します。
Cygwinはコンパイラの中身を追加することでいろいろな機能を使うことができる。

いきなり全部入れるとうまくインストールできないので、必要なものだけ入れます。

Devel :gcc-core
gcc-g++
gcc-mingw-core
gcc-mingw-g++
gcc4-core
gcc4-g++
make
patchutils
Graphics:gunplot
libXpm4
libgd2
libggi2
libggiwmh0
libplot2
Libs :libgcc1
libstdc++6
libstd6-devel
w32api
zlib0
Math :gnuplot
Perl :perl
X11 :X-start-menu-icons
libX11-devel
libX11au-devel
libX11mcp-devel

このあたりかな?必要ならググって追加する。
次へを押すとダウンロードとインストールをしてくれるので終わるまで待ちます。

終わったらwindowsで使えるように環境変数を設定します。
コントロール→システム→システムのプロパティ→環境変数→システムの環境変数
と移動し変数
LD_LIBRARY_PATH
C:\cygwin\lib;C:\cygwin\lib\w32api;C:\cygwin\usr\local\lib

Path
C:\cygwin\bin;C:\cygwin\usr\bin;C:\cygwin\usr\local\bin

を追加します。

最後にインストールしたCygwinのフォルダのbinフォルダのcygwin1.dllをWindowsフォルダのsystem32の中に入れます。
これで動くようになる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
Twitter
@akihiro01051のツイート
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。